ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

リワーク編続きと臨床心理士によるカウンセリング【うつ病】

私のうつ病の経緯シリーズ記事の続きです。前回はリワークプログラムでやった基本的な事なんかに触れましたが続きとして全部その認知行動療法(CBT)を紹介していくのではなくて、私が工夫してやっていたことや自分に起きた気付き等に触れられたらいいなぁと思います。

 

ちなみに前回の記事はこちらです。

www.brobroski.net

このシリーズの初めの記事はこちらです。

www.brobroski.net

この時期、リワークプログラムで前回紹介したものも含めもっと色々なCBTを受けながらも心の病に関する本をたくさん読みました。

 

このCBTのうち、臨床心理士さんと「感情が動かされた場面について深堀りしていく」いう練習をしていたのと、読みまくった本の合わせ技で、やっと私は「自分の家庭は普通ではなかった!(自分はACというやつだ!)」と気が付きました。それまで、私が育った家庭は幸せで一般的な家庭だと、何の疑問も持たず私は信じ込んでいたのです。

続きを読む

二度目の休職でリワークプログラム(認知行動療法)に参加【うつ病】

うつ病の経緯、シリーズ記事です。自分が入社時に希望した部署にアクロバティック過ぎる方法で配属されたのに、結局そこでもうつ病を再燃させて2度目の休職になり、リワークプログラムに参加して認知行動療法を受けることになった、という所までが前回までの話でしたね。

 

前回はこちらです。

www.brobroski.net

第1回はこちらです。

www.brobroski.net

ここまでの記事で、私は主に「ハラスメントを受けた」「ひどく仕事が集まる状況だった」「信頼できる人たちが部署や会社を離れて行った」というようなことが原因で自分の調子が悪くなったという論調で書いています。

 

それはそれでたぶん原因の一部として正しいでしょう。ストレッサ―がいて、ストレスを受ける。ストレスでうつ状態になり、慢性化してうつ病になる。

 

ですが、私がこの後に受ける認知行動療法と、そこからつながった臨床心理士のカウンセリングで、「そのストレッサ―」がなぜ「私にとってストレッサ―なのか」という根源の部分がだんだん明らかになってきます。

 

そのへんのところを一気に、ではなくても語っていけたらなと思います。

続きを読む

部署を変えての復職から二度目の休職まで【うつ病】

私のうつ病になった経緯シリーズの記事です。診断までの経緯はこちら。

www.brobroski.net

診断後、1度目の休職をとにかく運動しまくりで過ごしたのが続きです。

www.brobroski.net

この2記事の続きが今回ですね。「知らない部署にポーンと放り込まれて復帰」だったと前回の記事に書きましたね。実はこういうのは異例です。普通は元居た部署に戻りますが、やったことがやったことだったので例外ですね。

 

そこで与えられた研究テーマは私が大学院時代にかなり濃密に関わったことに関するテーマで、しかも会社としてはアイデアから立ち上がったばかりのテーマ。担当は私を入れて3人。

 

これはかなりやりやすい状況だなと思いました。先輩方が一生懸命集めて読んでいた論文はほとんど既読のものだったですし。(ただし、不安が滅茶苦茶強かったので生意気言わないようにはしていました)

 

ここでも数年働いたのですが、結局再燃となって休職に至ります。その辺を書いていきましょう。

続きを読む